冬の時期は、マラソン・駅伝など長距離レースのオンパレード。

数年前からランニングに興味を持ち、お正月のニューイヤー駅伝・箱根駅伝を始め駅伝やマラソンをよく見るようになったのですが、先日の大阪国際女子マラソンを見ていてふと…

これだけドローンの撮影技術が発達したのに、大金をかけてヘリコプターを飛ばす理由ってなんだろう?

空撮が目的なら、スタートからゴールまでドローンでの撮影は出来ないのかな?

気になったので、ひよっこランナー調べてみました!

f:id:chachamarukenkyujo:20190129170818j:plain
https://av.watch.impress.co.jp/img/avw/docs/440/058/html/pcl04.jpg.html

駅伝テレビ中継の謎

そもそも駅伝のテレビ中継ってどうやって行われているのかを調べてみると、早速答えが分かりました(笑)

簡単に説明すると…

通常スタジオ収録では長いケーブルを使って映像をコントロールしているのですが、生中継で延々とケーブルを引く事は不可能。そこで、中継車やヘリコプター登場!

つまり…

解説

バイク・サイドカーのカメラには電波を発するトランスミッターがあり撮影した映像は移動中継車に飛ばされる

移動中継車には、これまたドでかいトランスミッターがあり上空のヘリコプターに飛ばされる

ヘリコプターは中継点となり、電波は競技場などの固定局へ飛ばされる

固定局からさらに衛星中継・東京スカイツリーなどに送られる

放送局にて映像が調整される

スカイツリーより各家庭に電波が送られる

という事らしい。なるほど!

ヘリコプターが撮影の為だけではなく中継点にもなってたなんて!

びっくりでした。

でも電波は不安定なもの…トンネルや山奥で電波状態が悪い時は?

その時はCMを入れる!が正解だそうです。(・∀・)納得!

民放はCMという逃げ道があるけど、NHKにはCM無いからはものすごーーーく大変なんだって。

この情報は、こちらのブログより抜粋させていただきました。

面白いから読んでみて( *´艸`)

https://blogs.yahoo.co.jp/m314431443144/45587591.html

箱根駅伝のドラマ

f:id:chachamarukenkyujo:20190129175942j:plain
2018年1月2日、第94回箱根駅伝で一斉にスタートする選手たち(写真=時事通信フォト)

冒頭でも書きましたが、箱根駅伝は年々注目度が高まってきましたね。

箱根は山ばかりなので、中継もかなり大変とのこと。

箱根駅伝が中継されるまでの道のりは並大抵のものでは無かったらしい。

箱根駅伝がテレビ中継されるまでのドラマ!

こちらの記事に詳しく書かれているので、ぜひ読んでみてください!

https://news.yahoo.co.jp/byline/kimurayukihiko/20180110-00080313/

まとめ

箱根駅伝を始め、駅伝やマラソンのテレビ中継がこんなにも大変だったとは。

まだテレビ中継が難しかった時代、スタッフの熱い想いと地道な努力に支えられて今日の放送技術があると思うと脱帽です。

これからますます駅伝中継が楽しくなりそうです。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事