ソフトフラスクやハイドレーションはスポーツや登山中にザックを下ろさなくても水分補給するための道具で、トレランやスカイランニング、登山、自転車などあらゆるスポーツで活用されています。

ソフトフラスクやハイドレーションも様々な種類がありますが、今回は私が実際に使ってみて良かったソフトフラスク、ハイドレーションをご紹介します。

Raid Light Eazy Flask Press to Drink 350ml/700ml

レイドライト イージーフラスク

f:id:chachamarukenkyujo:20190127180302j:image

一般的にハイドレーションというと背中にパックを入れて長いチューブを使って飲むタイプが多いのですが、私は前ポケットにフラスクを入れて飲むタイプを使用してます。

チューブを使うハイドレーションに比べ水の残量が分かりやすく、エイドでの給水作業も素早く出来るのがいいですね!

シンプルハイドレーションボトル 約350ml

f:id:chachamarukenkyujo:20190127180316j:image

アメリカ発の優れもの!

とってもユニークなデザインですが、コレ使いやすいんです。

横向きはこんな感じ。
f:id:chachamarukenkyujo:20190127180307j:image

このハイドレーション何が便利って、ザックを持たなくていいのが一番の魅力!

こんな感じでズボンにスポッと入ります(・∀・)

f:id:chachamarukenkyujo:20190127185952j:image

あとはウエストベルトに差して使用したり、もちろんザックのポケットに入れても使用できます。

ちょっと1時間ぐらい走ろうかな~みたいな時の水分補給用にもオススメです!

PLATYPUS BOTTLE 1.0L

f:id:chachamarukenkyujo:20190127180320j:image

これはハイドレーションとは異なりますが、フラスクとは別に水を携帯したい場合にとってもオススメです。

何がいいって水を使い切ったら、くるくる丸められて超コンパクト!

ペットボトルみたいにかさばらない、水筒みたいに重くない。

荷物量は山に行くときは超重要なので、これはポイント高いですね!

さいごに

フラスクやハイドレーションなど水分補給するための道具は様々ありますが、使いやすさ、飲みやすさ、保管のしやすさなど差がありますのでぜひ色々試して自分にぴったりのギアに巡り合ってくださいね。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事