ちゃちゃ
最近山に入る機会が増えてきたんだけど、トイレで困る事あるよね。
特に女性の方は、どうしてるんだろう?
ママ
意外とみんな知りたがっている内容かも。
この際だから調べてみたら?

という初心者ちゃちゃまるの素朴な疑問から、色々なサイトや質問コーナーを巡って調べてみました。

山の隠語でトイレに行くことを、女性は「お花を摘み」に男性は「雉(きじ)を狩りに」いってくると言うそうです。知らなかった~(*’ω’*)

ネーミングがロマンチックだなぁなんて、むふふとなります( *´艸`)

トイレ事情を細かく書いているので、お食事中やお食事前後の方は後でみてくださいね♪

山でのトイレ事情

山小屋や登山口のトイレ

最近山に行く回数も増えてきましたが、やはり山にトイレはなかなかありません。
ハイカーさんや登山客が多い山では、山小屋でも登山口でもトイレの管理はしっかりされているようですが、私が行くのは地方の山が多く登山口にトイレはあってもトイレットペーパーが無かったり、ぽっとん式の昔ながらのタイプの場合が多いです。

なので、山に着く前にしっかり用を済ませておくのはもちろん、トイレットペーパーを持参するのは必須だなと感じてます。

ちゃちゃ
分解されやすい 水解性トイレットペーパー を準備するのがいいみたい!
ティッシュは水に溶けないから避けた方がいいよ~。

アウトドア用品はコチラから

登山・レース前に

さて、いざ登山またはレースという時になった場合の準備は大事ですよね。
どちらにしてもコースやマップを確認して、トイレのある場所・トイレに行けるタイミングを把握しておくのは大事!

有名な山であれば過去登った方のレポートやブログなどを見る。
地方の山でもYAMAPに過去登った方の活動日記があるので参考になると思います。

私も初めての山に登る場合には、YAMAPの活動日記参考にさせて頂いてます。
丁寧に書いてくださってる方が多いので初心者にも分かりやすいです^^

事前にできる対策

さて、ここからいよいよ私が気になってた本題です!
色々と調べて見ると先人たちの知恵が垣間見えました。よく見かけたのはこの3つ。

大前提として山を汚すのはNG!!
なので、汚してしまわない対策として挙げられていました。

  • 携帯用トイレ
  • 尿漏れパッド
  • 大人用おむつ
携帯用トイレ

携帯用トイレは様々なタイプが販売されています。
袋と凝固剤セットのタイプや簡易イス・目隠しになるポンチョが付いた物など。

私も以前山で緊急事態の際にお花を摘みに行ったことがありますが、イスがあったとしても結局山は斜面がほとんどでよほど開けた場所でない限り使うのは難しいかな~と。

ポンチョは周りから見えないのは有難いけど、結局自分も見えないからどうなのかな~(笑)
なんだかんだシンプルな物が使いやすそうです。

携帯用トイレは下山するまで持って歩かないといけません。凝固剤を使用しても多少の臭い対策は必要かと。専用の袋なども販売されていますが、私はペット用またはおむつ用の防臭袋をオススメします。結局は燃えるゴミとして捨てるので使い捨て出来るものがいいですね。

アウトドア用品はコチラから

尿漏れパッド

これを発見した時に、その手があったか!と思わず感謝したくなりました。
私は特にトレイルランニングのレースで使用出来るものを探していたのでショートレースならば、これはいいなと思います。
走る前から着用しなければいけませんが、ナプキンぐらいの感覚なのでさほど走りに支障はないかと。
まだ実践してはいませんが、大人の平均一回あたりの尿量は200~400cc。
尿取りパッドならば、多いもので300ccに対応しているものもありました。

一回分くらいなら何とかなりそうです(;´∀`)

大人用おむつ

低山や短距離のレースの時には必要ないと思いますが、高山やクライマーの方で使用している方はいらっしゃるようです。

やはり、長距離の移動や確実にトイレが無いと分かっている場合にはあると心強いかもしれません。

それでも緊急事態の時には

誤解を生まない為に先に申しますが、原則山を汚すのはNGです。
基本的に自分で出したゴミや汚物は持って帰るのが正解です。

しかし色んな対策を考えていても生理現象に敵わないときはあります。

ちゃちゃまるがポチポチ検索したところ、意外と女性でも野山でお花を摘みにいかれる方はいらっしゃるようで…大輪のお花はあまりお見かけしませんでしたが、小花を摘みに行かれる方は結構お見受けしました。

そんな時は出来るだけ環境負荷を与えないように、自然にかえしましょう。

一般的に言われているものとして、以下の事は避けてください。

  • 水源の近くではしない
  • 水場から50mほどは離れよう
  • 登山道から5mは離れよう
  • 使用したペーパーは持って帰ろう
  • 岩場は分解が遅いので避けよう

人間の出すゴミや汚物で生態系が乱れると言われています。
特に水源の近くでは注意してください。

あと、使用したペーパーを燃やすという方も少数いらっしゃいましたが、山火事の危険性があるのでオススメできません。

先人たちの教えでは、20センチ程穴を掘って用を足し埋めるという方法もあるようです。
深すぎても分解されず、浅すぎても風雨で人目にさらされてしまうので注意が必要です。

生理のときは?

生理の時の登山・トレイルランニング

ちゃちゃ
余談ですが、女性特有の生理。
あまり大きな声で語られることはありませんが、皆さんどのようにお付き合いしているの??

ちゃちゃまる調べでは、あまり生理痛が重くない方は普通に登山やトレイルランニングを楽しんでいるようでした。

よく見かけたのは、タンポン+ナプキンの併用が多く、次いでタンポンのみ、ナプキンのみという感じで対策されていました。

※生理痛の重さにはかなり個人差があります。自分の体調と相談しながら楽しんでくださいね^^

レースの為に生理をずらすのか?

これもちゃちゃまる調べになりますが、レースの為にピルを服用して生理をずらすという方もいらっしゃいます。

これは個人の考え方でかなり答えが変わりますが、特に大事なレース(自分はこのレースに出る為に頑張ってきたんだ!という様なレース)の場面では使用する方は一定数いらっしゃるようです。

確かにわたしもそんな重要なレースの時には使用するかもしれません。
ただ、元々薬があまり好きでは無いので、出来る事なら飲みたくない。

なので、抵抗が無い方は使用すればいい、抵抗があれば使わなければいいと思います。
結局何を大事にするのか決めるのは自分ですからね(*^^*)

まとめ

今回は、山でのトイレ事情について調べてみました。
なかなか聞きにくい問題なので、初心者の興味本位で調べてみましたがいかがでしたでしょうか。
今後も初心者ならではの興味で色々と調べていきたいと思います♪

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事